2008年10月26日

チリとチリリ

チリとチリリ





作・どい かや






【あらすじ】
チリとチリリがとても早起きしたある日、二人は自転車で出かけることにしました。
チリチリリチリチリリ。
森の中を走っているといい香りがしてきたので、森の喫茶店に行ってみることにしました。
中には色々な大きさのテーブルと椅子があったので、二人はちょうどいい椅子に座り、どんぐり珈琲とれんげティを飲みました。
それから二人はまた自転車を走らせ、どんどん進むと森のサンドイッチ屋さんに着きました。
二人はくるみパンのいちごジャムサンドときなこパンのくりジャムサンドを買い、池のほとりで休憩しました。
二人がどんどん自転車を走らせていると、あたりは暗くなり森のホテルが見えてきました・・・








先日絵本屋さんでハロウィンパーティがありまして。
その時に購入した絵本。
本当はハロウィン関係の絵本にしようかと思ったのだけど・・・
杏文も「いいよ」と言ったので、これに決定!
やっぱりチリとチリリは可愛いなぁ☆
サンドイッチもお茶も美味しそう・・・
ああ〜、お腹空いてきたぁ(笑)










↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ










子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪


posted by 杏&文’sママ at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | <た>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

いたずたコヨーテキュウ

いたずらコヨーテキュウ





作・どい かや










【あらすじ】
コヨーテのキュウは意地悪でイタズラな森の困り者でした。
こっそりわなをしかけてクマのおばさんを転ばせたり、子供たちのおもちゃを取り上げて壊したり、うさぎの耳を持ってぐるんぐるんしたり、ハイエナのロクとはしょっちゅう喧嘩しています。
キュウは今日もどんなイタズラをしようか、木の幹の中のオヤツに虫を食べながら考えています。
ところが口が抜けなくなり、みんなに助けを求めますが・・・







杏くんは幼稚園に上がる前からの仲良しのお友達がいる。
文くんも今すごく仲良しのお友達がいる。
でも杏くんは最近違うお友達とすごく仲良しなんだそう。
転園してきた女の子とお友達になったらしい。
ずっと「いつも一人でいるんだよ」と気にしてたので「思い切って声をかけてごらん。遊びに誘ってくれたらみんな嬉しいよ」と言ってたら、どうやら本当に声をかけて仲良くなったらしい。
杏はあまり自分からがっと行けないタイプなので、ちょっと嬉しい。
文も幼稚園の未就園児クラスで他の子とも仲良くするようになってきた。
成長してるみたいでかなり嬉しい。
これから意地悪な子もいるだろうけど、杏文が意地悪をしちゃうこともあるだろうけど、それでもお友達ができるといいなぁ!!













↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ












子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | <あ>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

ねむりひめ

ねむりひめ―「ペロー童話」より (世界名作おはなし絵本)





作・奥本 大三郎    絵・森津 和嘉子
「ペロー童話」より







【あらすじ】
ある国で開かれた王女の誕生パーティに7人の仙女が呼ばれました。
たった一人呼ばれなかった仙女がかんかんに怒ってやってきて、王女に「機織のつむにさされて死ぬだろう!」と呪いをかけます。
7人の仙女は一人ひとり、王女に贈り物の予言をします。
悪い仙女が呪いをかけたとき、最後の仙女が「王女さまは死なずに100年眠るだけ」と言いました。
国中のつむが焼かれましたが、ただ一つ、お城の搭に残されていました。
15年経ったある日、王女はお城の搭でつむに触れ、眠りにつきます。
それから100年経ち、ある国の王子様がやってきて、王女を眠りから覚まします。
二人は結婚しますが、王子さまは朝になると森を抜けて自分のお城に帰ります。
王子さまのお母様は人食い鬼だったので、王子様はお母様を怖がっていました。
2年経ち、二人の子供にも恵まれ、王子様も王さまになったので、新しい王さまは王女と子供たちを森のお城から自分のお城につれてきました。
新しい王様が戦に出ると、お母様は「王女と二人の子供が食べたい」と料理長に命令しました。
料理長は王女とこどもたちを殺すことができずに、自分のお家に匿い、お母様には子ヤギや小鹿の肉を料理して差し出しました。
ところがある日、お母様に王女たちが生きていることがばれ、火のように怒ったお母様は、大桶にヒキガエルやマムシを入れ、その中に王女と子供達、料理長を入れるように命令します。
その時、丁度王様が戦から帰りました。
興奮してわけがわからなくなったお母様は、自分が大桶に入って死んでしまいました。
王さまは悲しみましたが、王女と子供たちと一緒に幸せに暮らしました。









前回グリム童話のほうを紹介した。
今回はペルーのほう。
ちょっと怖い・・・
この話は嫁姑の対立とかそういうのの教訓もあるらしい。
我が家はこの夏から義母と一緒に住むようになったけど、今の所仲良くやってる。
これからはどうなるかわからないし、もしかしたらもめることもあるだろうけど・・・
でも私は感謝してる。
義母にいろいろ手伝ってもらってるし、やっぱり私以外の大人が一人でも多いと心強いし。
ただ甘えすぎないように気をつけていかないと義母もしんどくなっちゃうだろうからね。
人がいるとついつい甘えてしまうので、自分を律していかないといけないなぁと最近よく思う。
つくづく私は義母に恵まれたんだなぁ。













↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ















子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | <な>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

にじのきつね

にじのきつね (えほんとなかよし)






作・さくら ともこ     絵・島田 コージ












【あらすじ】
山のふもとに住んでいる働き者のごんべえじいさん。
畑仕事をしながらいつも楽しそうな歌を歌っている。
この歌を聴くと山のキツネのつねきちは思わずつられて踊りだす。
愉快なごんべえじいさんと仲良くなりたいつねきちは、お土産を持ってでかけたがいたずらキツネと誤解されてしまう。
ある日ごんべえじいさんはつねきちを追いかけていて、腰を悪くしてしまい・・・











文章の語呂がよく、読みやすい。
多分だから聞きやすいんじゃないかな?
杏はこういう言葉の調子のいい絵本が好き。
文は今はアンパンマンにどっぷり浸かってるので・・・
お話もハッピーエンドでいい感じ。
杏があまりリクエストしないかなぁと思いつつ借りたので、案外「読んで」と持ってくるのが嬉しい☆












↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ











子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | <な>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

いばらひめ

いばらひめ (世界名作えほんライブラリー)







文・矢崎 節夫     絵・新井 苑子













【あらすじ】
むかしむかしあるところに子供のいない王さまとお后様がいました。
二人は子供が欲しいと願っていました。
ある日、お后様が水浴びをしていると、かにが出てきて「あなたの願いは叶うだろう」と言いました。
そして可愛い女の子が生まれました。
王さまは喜んでお祝いの会を開きました。
この国には13人の妖精がいました。
お祝いの会には金のお皿が12枚しかなかったので、12人の妖精しか呼びませんでした。
招かれた妖精はお姫様に素敵な贈り物を贈りましたが、最後の12人目の妖精が贈り物をする前に、13番目の妖精が現れ呪いをかけました。
「15歳の時にお姫様はつむにさされて死ぬだろう」
そして姫が15歳になったある日・・・











グリム童話。
「眠りの森の美女」はペロー童話らしい。
今度探して読もう。
なんとなく同じなのか違うのか??と思ってたけど。
まぁ、同類の話ということなので、多分似たお話なんだろうけど。
それは置いておいて、こういうタイプのお話は杏の大好物。
お姫様と王子様のお話って、特に意識して読んであげてるわけじゃないけど、どうしてこんなに好きなんだろう??












↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ










子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | <あ>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

とってもいいこと

とってもいいこと




文・内田 麟太郎     絵・荒井 良二












【あらすじ】
すやゃーんとたこの8ちゃんがお昼寝をしていると、どこからか「でかけたらいいことがあるよ」と声が聞こえてきた。
だから8ちゃんは出かけることにした。
するとぢかぢか声のかにが8ちゃんに声をかけてきた。
「今から始まる力比べ大会にさくらさんもくるよ」
そこで8ちゃんは力比べ大会に出ることにした。
8ちゃんよりも力持ちのクロネコ、クロネコよりも力持ちの男の子、男の子よりも力持ちのゴリラ、ゴリラよりも力持ちのクジラ、クジラよりも力持ちの海。
そして海よりも力持ちの地球。
そして地球よりも力持ちなのは・・・











先日(10/5)文さんの3歳のお誕生日だった。
お誕生日なので文のわがままを聞いてあげようということで、文にはかなりいいことずくめだったんじゃないかな。
母も文が母の所に生まれて来てくれたことでいいことずくめだった。
困ることも怒ることもあるけど、それでもやっぱりいいことばかりだと思う。
そして母は杏と文のためなら世界一の力持ちになれそうな気がする。
もちろん本当の力はパパの方が強いけど。
そういうことではなく、母は今2児の母でかなりの力持ちになれたと思う。
母が守るべき宝物が2人もいるからね。










↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ









子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | <た>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

ぷくちゃんのいただきまあす

ぷくちゃんのいただきまあす





作・ひろかわ さえこ








【あらすじ】
ぷくちゃんのおじいちゃん、おばあちゃんから美味しそうな野菜が届きました。
ぷくちゃんとお母さんはそれで美味しいスープを作ることにしました。
よ〜く洗って、お母さんが包丁で切って。
ぷくちゃんは美味しそうなジャガイモを一つお味見。
でも生のジャガイモは美味しくありません・・・












我が家の長女の大好物は、ハンバーグ・オムライス・魚の荒煮(笑)
次女の大好物は、カレーライス・ハンバーグ・エビフライ・納豆ごはん(笑)
二人に「夕飯は何がいい?」と聞くとほぼ100%「オムライス!!」「カレーライス!!」という答えが返ってくる。
それしか知らないのか??
と思うほど(笑)
文はひどくて、お昼にカレーを食べてても夕飯にはカレーを食べたいらしい。
杏も一時期そういう時期があったから、これも病気みたいなものか??(笑)










↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ











子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 0・1歳児の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。