2009年01月30日

さいこうのいちにち

さいこうのいちにち (児童図書館・絵本の部屋)









文・ジーン・ウィリス    絵・トニー・ロス
訳・小川 仁央








【あらすじ】
カゲロウは地上で一日だけ生きる。
今日が最初で最後の日。
でもカゲロウは生まれてきたことを喜んでる。
最上最高の掛け替えのない一日を精一杯・・・











カゲロウだけじゃなく、人間もいつどうなるかわからない。
私の父も元気に仕事に行って、仕事先で倒れて帰らぬ人になったし。
もちろん自分が死ぬなんて思ってなかっただろうなぁ。
母方の祖父は肝臓がんでだんだん弱って、本人も回りもその死を覚悟してはいたけど・・・
覚悟するまではどんな気持ちだったろう。
一日一日をもっと大切にしなくちゃいけないなぁと思わせる絵本。
せめて私は杏文に「世界一大切で大好き」と伝えることだけは怠けないようにしよう。








↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ













子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪


posted by 杏&文’sママ at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | <さ>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。