2009年01月30日

さいこうのいちにち

さいこうのいちにち (児童図書館・絵本の部屋)









文・ジーン・ウィリス    絵・トニー・ロス
訳・小川 仁央








【あらすじ】
カゲロウは地上で一日だけ生きる。
今日が最初で最後の日。
でもカゲロウは生まれてきたことを喜んでる。
最上最高の掛け替えのない一日を精一杯・・・











カゲロウだけじゃなく、人間もいつどうなるかわからない。
私の父も元気に仕事に行って、仕事先で倒れて帰らぬ人になったし。
もちろん自分が死ぬなんて思ってなかっただろうなぁ。
母方の祖父は肝臓がんでだんだん弱って、本人も回りもその死を覚悟してはいたけど・・・
覚悟するまではどんな気持ちだったろう。
一日一日をもっと大切にしなくちゃいけないなぁと思わせる絵本。
せめて私は杏文に「世界一大切で大好き」と伝えることだけは怠けないようにしよう。








↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ













子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪


posted by 杏&文’sママ at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | <さ>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感想を読んでいて切なくなってしまいました。
お父様・・・残念でしたね。

私はよく死について一人考える時が
あるんですけど「病気、事故、どっち?」とか。

自分では選べないけれども、大事なことは
杏&文’sママさんのように家族に伝えてから死ねればと思います。

(健康なうちに本気で遺書を書いておこうと思ってますから!)
Posted by さとマ at 2009年02月03日 09:32
さとマさんへ☆

手術室に入る前にちらっと会話はできたんですよ。
もう仕事の伝言ばっかりで、これは全然死ぬとは思ってなかったなと思いました(笑)
みんながいつまでも元気で暮らせればいいですけど、そうは行かないですもんね。
財産とかは残せないと思うので(笑)せめて生活するのに困らない知識を杏文に伝えるまでは生きていたいです。
こればかっりはいつくるかわからないですけどね。
Posted by 杏&文’sママ at 2009年02月03日 13:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。