2006年11月25日

クレヨン王国まほうの夏

クレヨン王国まほうの夏




作・福永令三    絵・三木由記子





【あらすじ】
夏休みに6年1組の24人は箱根の芦ノ湖畔のロッジに来ていました。
ハイキングコースでにわか雨に遭遇した、清太と麻美は、クレヨン王国の落し物「水色大福」の水太を拾います。
麻美の親友の幸子が誘拐されたことを知った二人は、幸子を助けるために犯人探しをすることになりました。
水太を無事に大人にするため、幸子を無事に助け出すため、二人は奮闘します・・・








確か、これも妹にもらったような・・・
杏と文も私の所に生まれてきてしまったから、私とパパを親として生きていかなければいけないわけで。
子どもは親を選べない。
この子たちが私とパパの元に生まれてきてくれたことだけで、感謝してます。
将来、どんな風になるのかはわからないけど・・・
何か一生懸命できることがみつかるといいなぁ。







↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ








子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪


posted by 杏&文’sママ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。