2007年02月21日

リサのこわいゆめ

リサのこわいゆめ




文・アン・グッドマン  絵・ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳・石津 ちひろ






【あらすじ】
おばあちゃんのお家で映画を見たリサ。
それは子どもを狙うおばけおおかみが出てくるお話。
その夜から怖い夢を見るようになったリサ。
毎晩毎晩おばけおおかみに追いかけられて・・・








私が子供の頃「キョンシー」が流行った。
私は怖いものなしな子だったので、全然平気だった。
でも私の妹はすごく怖かったらしく、夢にも出てきてたらしい。
それでベッドに「キョンシーこわくない」と書いて眠ってた。
はじめそれを発見した時は大笑い。
でも本当に怖かったんだなぁ。
笑っちゃって悪かったかな(笑)







↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ








子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪


posted by 杏&文’sママ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | <ら>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。