2007年11月09日

ひとまねまねっことりだらけ

ひとまねまねっことりだらけ




作・井上 正治






【あらすじ】
少し昔の話。
ある貧しい村に街から仲買人がやってきた。
仲買人はニワトリを飼ってる家から、たまごをたくさん買って帰った。
次の年、仲買人が来ると村中の人がニワトリを飼っていて・・・










ただ人の真似をするんじゃなく、人のいいところを貰い、自分のいい所をプラスする。
するともっといい結果が出るという話。
これは何でも言えることだと思う。
杏と文にはそういう風にちゃんと自分で考えられる人になってほしい。
学校の勉強ができる人よりは、自分で物を考えられる人になってほしい。








↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ










子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪


posted by 杏&文’sママ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | <は>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。