2008年03月07日

ゴリラのパンやさん

ゴリラのパンやさん (こどものくに傑作絵本)






作・白井 三香子    絵・渡辺 あきお







【あらすじ】
秋の終わり、丘の上にゴリラのパン屋さんができました。
早速めんどりさんが買いに来ましたが、ゴリラの大きな声にびっくりしためんどりさんは、パンを買わずに逃げていきました。
ひつじさんもたぬきさんもみんなパンを買わずに逃げていってしまいました。
その夜、ゴリラのパン屋さんは考えました・・・











人は見た目で判断していけないと思う。
私ももちろんそう思う。
思うけど、ついしてる。
差別なのかもしれない。
心が狭いのかもしれない。
でもやっぱりぱっと見て怪しげと思ったら、杏と文を近づけたくないし。
その辺も杏と文にこれから教えていかなくちゃいけないんだと思う。
近所で不審者情報もあるみたいだし・・・
特に女の子はいつ被害者になるかわからないから、警戒することをしっかり教えていかなくちゃいけないんだろうと思う。
人を信じられないのは寂しいけど、誰でも信じて痛い目見るよりはいいかなとも思う・・・
もしかしたら親切な人かもしれないけど、もしかしたら悪い人かもしれない。
悪い人はオデコにでも「悪いです」って書いてあればいいのに(笑)










↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ











子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪


posted by 杏&文’sママ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | <か>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。