2008年04月05日

ちょっとだけ

ちょっとだけ (こどものとも絵本)





作・瀧村 有子    絵・鈴木 永子







【あらすじ】
なっちゃんのお家に赤ちゃんがやってきた。
なっちゃんはお姉ちゃんになった。
だからなっちゃんはいろんなことを、ちょっとだけ我慢。
でもやっぱり寂しくて・・・










ちょうど2年半前、文が生まれて、杏はお姉ちゃんになった。
まずは1週間も慣れない母の実家で、大好きなばーばと一緒だけれど、従兄妹たちと一緒にたくさん頑張ってくれた。
私にはすごく甘えてきてたけど、文のことは無関心。
おっぱいをあげてても、オムツを替えてても、いつも無関心を装ってた。
私の前でいい子な分、ばーばにはすごくわがままだったみたいだけど。
でもまだ今の文よりも小さかった杏があんなによく頑張ったなぁって思う。
そしてすっかりお姉ちゃんらしくなった今も。
文に何かを譲ってやったり、何かにつけてよく面倒も見てくれる、とってもいいお姉ちゃん。
我慢してることもたくさんあると思う。
母はね、本当に感謝しています。
杏と文が生まれてくれて、いい子に元気にすくすく育ってくれて。
母の足りないところを杏と文で全部満たしてくれてるんだと思います。
だから母が抜けてる分しっかりしなくちゃいけなくて、杏にも文にも申し訳ないと思ってます。
こんな母を「大好き」って両手を広げて受け入れてくれてありがとう。
杏は母にいろんな事をして喜ばせたいって言ってくれるけど、母はもう生まれてくれただけで、十分幸せです。
でもいつか女3人でお買い物に行って美味しいものを食べに行こうね!
それまで頼りない母のこと、優しい父のこと、宜しくお願いします。
今日はちょっぴり感傷的になりました。










↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ











子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪


posted by 杏&文’sママ at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | <た>行の絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この絵本は評判がいですよね。
うちの息子もお兄さんになる日がきたら
よんであげようかな?

ちなみにうちの姉は私が生まれたとき
家に来た母の友人に「あかちゃん
つれてっちゃって!!」といったそうです。

姉になるってのははじめは寂しいのでしょうね。
Posted by さとマ at 2008年04月06日 06:08
さとマさんへ☆

この絵本は子どもにというよりは、母むけかもしれないですね。

姉になるのは辛いですよ。
今まで独り占めだった人がほとんど妹・弟にとられちゃいますから。
私はあまり駄々をこねたりしなかったようですが、何かにつけ妹だけが特別扱いのようでつまらなかったです。
まぁ、赤ちゃんなんだから仕方ないんですけどね(笑)
それがわかるには少し時間がかかります。
Posted by 杏&文’sママ at 2008年04月07日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。