2006年11月24日

クレヨン王国のパトロール隊長

クレヨン王国のパトロール隊長






作・福永令三    絵・三木由記子




【あらすじ】
5年生のノブオは右田先生に叱られて、山奥へ駆け出しました。
知ってるはずの山道なのに、迷ってしまい、林の中に一軒のお家を見つけます。
たずねて行くとそこはフクロウのお家でした。
いつの間にかクレヨン王国に迷い込んだノブオは、クレヨン王国のパトロール隊長として、冒険に出ます・・・






私が小学生くらいの時に妹が誕生日プレゼントに買ってくれた。
私は本を読んでも映画を見ても泣くことはまずありません。
でもこの本は泣いた。
ノブオが可哀想で、けなげで・・・
パトロール隊長になっていろんな事に気づき、成長していく姿に感動。
右田先生は本当はいい先生らしいんだけど、ノブオとは反りがあわないらしく、ノブオ目線で読んでる私には最低の先生。
いつも「くっそ〜、右田〜!!」と思いながら読んでます(笑)






↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ










子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪


posted by 杏&文’sママ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

その後のクレヨン王国

その後のクレヨン王国





作・福永 令三    絵・三木 由記子




【内容】
これまでクレヨン王国で活躍したいろんな人の物語。
全て4ページでまとめられている。






里帰り中に覗いた大きな本屋さんで見つけた。
待望の新作。
知ってるキャラがたくさん出てきて嬉しい。
クレヨン王国の新作が出る度に、すごく嬉しくなる♪





↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ






子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

クレヨン王国タンポポ平17橋

クレヨン王国タンポポ平17橋




作・福永 令三     絵・三木 由記子




【あらすじ】
王室の領地、タンポポ平の花守用水に新しく17の橋が掛けられることになった。
シルバー王妃はその下見にうどん国大使を退任するベーツルさまを招待した。
同行者はそれぞれ心が暖かくなるようなお話を考えてくることになって・・・








私はあまりお花の名前だとか自然のことを知らない。
クレヨン王国シリーズを読むとたくさんの自然が出てきて面白い。
また春になったら、タンポポの花冠作りたいなぁ。
杏と文にもたくさん自然と触れ合う機会を作りたいな。






↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ






子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

クレヨン王国カメレオン別荘村

クレヨン王国 カメレオン別荘村





作・福永 令三   絵・三木 由記子



【あらすじ】
最近疲れ気味のカメレオン総理。
シルバー王妃はカメレオン総理の為に別荘用地を探すことに。
そこへきたのは職業・家出人のニワトリのアラエッサとブタのストンストン。
アラエッサ、ストンストンそれにタナムシ教授が別荘用地を見つけることに・・・






アラストコンビ、可愛くて友達思いで、怖がりなのに勇敢で大好き。
クレヨン王国シリーズを読むといつも人にはいろんな面があるなと思う。
イヤだと思ってた人も付き合ってみればそう悪くないってことも結構あるのかな。






↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ






子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

クレヨン王国三日月のルンルン part2

クレヨン王国 三日月のルンルン〈PART2〉



作・福永 令三   絵・三木 由記子



【あらすじ】
ペットにするイヌ・ネコを月へ持ち帰ること。
ペット生産マシンの実験をすること。
三日月様の命令で三日ぼうずはルンルンちゃんと一緒に田舎村に来ていた。
マシンが製造するカエルの毒に侵されたモニカとストンストン。
二人を助けるために、ルカたちは作戦を考えます・・・





よく育て切れないペットを捨てたりしてるのが問題になってるけど・・・
命があるのに、大切にできないなら珍しさだけで、可愛いだけでは飼ってはいけないと思うな。
ちゃんと天寿を全うするまで面倒を見るべきだし、見れない事情がどうしてもできたなら他の飼い主を探すべき。
杏と文もこれから先、何か飼いたいと言い出すかもしれないけど・・・
きちんと責任が持てるまでは、飼わせないと思う。



↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ



子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

クレヨン王国三日月のルンルンpart1

クレヨン王国 三日月のルンルン〈PART1〉



作・福永 令三    絵・三木 由記子



【あらすじ】
平和なクレヨン王国に、最近珍しいペットは現れた。
田舎村に原因があるらしいとつきとめた内閣は、ベージュ大臣・8代目右腎位モニカとふじ色大臣・マラソン選手でアイドルの秋風のルカを派遣した。
そして護衛に子豚のストンストン(ストンス伯爵)とニワトリのアラエッサ(ワシブサ伯爵)をつけた。
田舎村で怪しいミミズクやなぞの文に出くわした。
そして可愛い子ウサギ・ルンルンちゃんにも・・・





ルンルンちゃん、可愛い。
アラエッサとストンストンも大好き。
秋風のルカもモニカちゃんもかわいい。
モニカちゃんの本名は「アーレ=ミエテル=コーレ=サエテル=ソーレ=イエテル=ドーレ=ヨメテル=ピタンカ=プラズマ=サンド=モニカ」
アラエッサの後輩のきじのケンちゃんも好き♪



↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ



子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

クレヨン王国超特急24色ゆめ列車

クレヨン王国 超特急24色ゆめ列車



作・福永 令三   絵・三木 由記子



【あらすじ】
私の飼ってる350匹のおたまじゃくし。
金魚のA金先生もつけて大切に育てた。
でもそろそろ田に離してやらなければ・・・
でも日照り続きで田の水がなくなってしまいしそう。
途方に暮れた私のところへ大きなSLがやってきた・・・



命の大切さ。
やっぱり独身の頃よりも子供を産んでからのほうが、考えるようになった。
できれば長生きしたくもなった。
杏や文の子供が見れたらいいなぁと欲が出てきた。
子供たちが苦しまなくてもいい世の中になって欲しいなぁ。




↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ




子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 18:13| Comment(1) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

クレヨン王国デパート特別食堂

クレヨン王国 デパート特別食堂



作・福永 令三   絵・三木 由記子



【あらすじ】
デパートの地下街で全国有名駅弁の実演販売中です。
抽選で当たったクレヨンをエレベーターに落としてしまい、クレヨン王国特別食堂へ迷い込んでしまいます。



いろんな美味しそうなもののお話。
狐の親父のお話がせつなくて好き。



↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ



子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

クレヨン王国 ロペとキャベツの物語

クレヨン王国 ロペとキャベツの物語



作・福永 令三  絵・三木 由記子



【あらすじ】
ウサギのロペは何故かキャベツが大嫌い。
ある夜、ロペの前に赤色クレヨンが現れて、クレヨン王国の”ゆめのもやもや島”へ行くことに・・・



大好きな人の嬉しい顔を見られるのは幸せ。
そのためなら大抵のことはできると思う。
杏と文のためなら。



同時収録。

「クレヨン王国の赤い帽子」


【あらすじ】
公園に忘れられた赤い帽子にクレヨンが魔法をかけた。
持ち主の所に戻れるように。
仲良し三人組のリスのリー、カラスのカー、いたちのチー。
それに強欲狐のおばあさん、コンばばで持ち主を探します・・・




お友達を思いやる優しい気持ち。
杏や文にも持って欲しいと思う。



↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ



子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

クレヨン王国水色の魔界

クレヨン王国水色の魔界



作・福永 令三   絵・三木 由記子


【あらすじ】
五年生のカッちゃんは怒りっぽくて、カッとすると何をしでかすかかわからない。
運動会の日、学校を飛び出したカッちゃんは奇妙な団体列車に乗り込んでしまう。
その列車に乗った人たちが連れて行かれたところは「水色の魔界」
魚達の復讐がはじまる・・・



人が生きるということはたくさんの命を貰ってるということ。
お魚だけではなく、野菜もお肉も。
自分達の便利な生活のために犠牲にしてきた命もたくさんある。
でも私達は命を貰わないと生きていけない。
だからせめて大切にしたいと思う。
杏と文にも全てのものを大切にする気持ち・感謝の気持ちを持っている人になって欲しい。


↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ


子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

クレヨン王国 王さまのへんな足

クレヨン王国 王さまのへんな足



作・福永 令三   絵・三木 由記子


【あらすじ】
クレヨン王国の王さま・ゴールデン王の足がはれあがってしまった。
あんまり痛いので、王さまは王室に伝わる王さまの足人形に八つ当たりをしてしまう。
すると、王さまの足はカエルに変わり、自分の足は庭園にある小便小僧の足になってしまう。
侍女見習いのネコのプーニャと小便小僧、王さまの旅が始まる・・・




随分昔に読んだなぁ。
今も多分実家に眠ってるはず・・・
図書館にあったので、借りてきた。
もし朝起きて自分の足がカエルだったら、相当いやだ・・・


↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ



子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

クレヨン王国幽霊村へ三泊四日




【あらすじ】
優しく楽しいはずのクレヨン王国にも魔界があります。
建(たける)と叔母(25歳)の明石(あかし)ちゃんはクレヨン王国の戦没者慰霊祭にまぎれこんでしまいます。
王国から迷い出た悪霊たちと彼らは戦います。
悪霊の正体は??



クレヨン王国シリーズは全部読んでたつもりだったのに、これは初めて読んだ。
人間のエゴの為にたくさんの自然を破壊して、そのためにたくさんの命が失われてる・・・
私も決して自然に優しい暮らしをしてるとは言いがたい。
でもこれから子供たちが暮らす世界を大切にしたいなぁと思います。


↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ


子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

クレヨン王国の赤トンボ

クレヨン王国の赤トンボ


作・福永 令三   絵・三木 由記子


【あらすじ】
菊菜と美奈代は学校の友達。
ある日、美奈代の姉良恵が間違って童話の原稿をオーブンで焼いてしまう。
童話から飛び出した赤トンボのフジミ。
この童話の作者、由美と三人の少女・美奈代の母との文通がはじまった・・・



良かった。
たくさんの自然といろんな登場人物の気持ち。
クレヨン王国シリーズを読むと、イヤだなと思う人にもいいところはあるんだなぁって思う。
いつか杏と文にも読んで欲しいなぁ。



↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ


子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

クレヨン王国 森のクリスマス物語

クレヨン王国 森のクリスマス物語


作・福永 令三  絵・三木 由記子


【あらすじ】
私は童話作家。
十二月になり童話を書かなければいけないが、なかなか思い浮かばない。
そんなクリスマスイブの夜に雑木林の中で眠り込んでしまった私はクレヨン王国に入り込んでしまう。
予定外のお客さんにクレヨンたちも木々も戸惑う。
何もプレゼントの用意をしていなかった私は、ハリギリの木には「鉄橋くんとトンネルちゃん」ヒメシャラの木には「にじのおべんとう」を、子ダヌキには「七福ダヌキ」・・・
林の生き物達をテーマにした即興の童話10編をプレゼントする。
さて童話の内容は・・・




クレヨン王国シリーズにはいつもたくさんの自然が出てくる。
たくさんの木やお花や虫や鳥やいろんな動物。
どれも私は見てもわからないものばかり。
木の種類もお花の名前だってほとんど知らない。
今からでもこつこつ勉強すれば、杏や文に「これなんていう木??」って聞かれたときに答えられるようになるかなぁ??

クレヨン王国シリーズを読んだ後は、いつも自分がどんなに優しくない人間か考えてしまう。
もっと広い心で杏にも文にもパパにもみんなに接したい・・・




↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ


子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 02:16| Comment(0) | TrackBack(2) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

クレヨン王国109番めのドア



作・福永 令三  絵・三木 由記子


【あらすじ】
規子はお母さんと二人暮らし。お父さんは亡くなっていて、一周忌が過ぎた頃おじいさんも姿を消してしまった。
規子は大好きな佐久間先生の写真の展覧会で,則子と出会う。
みんなでおじいさんを探しに行くことになり、クレヨン王国に迷い込んでしまう。
規子はなつかしいおじいさんに会え、クレヨン王国も見ることができ、楽しんでいたが、則子が「時バト解放装置」を押してしまい、クレヨン王国は一大事に!!
金バトさまに触ると年をとってしまい、銀バトさまに触ると若返ってしまう。
クレヨン王国の時を取り戻すために規子は奮闘する・・・




小学生の頃から大好きなクレヨン王国のお話。
最近めっきり本屋さんでみかけないと思っていたら、図書館にあったので嬉しくて借りた。
シリーズものでたくさんある。
ほとんど全部読んだけど、本は実家に置いてあるので図書館で借りて全部読みたいな♪
いつか杏と文も読んでくれたら嬉しいなぁ。
自然やいろんな美しいことがたくさん出てくる素敵な本。





↓1クリックのご協力をお願いします↓
人気blogランキングへ

子育て日記★赤ちゃんっておもしろいはこちらから♪
posted by 杏&文’sママ at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | クレヨン王国シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。